2022年11月9日

BASF,製品カーボンフットプリントがゼロのネオペンチルグリコールとプロピオン酸を発表

アーステック

BASFは,「Cradle-to-gate」(ゆりかごからゲートまで)の製品カーボンフットプリント(PCF)のゼロを実現する,ネオペンチルグリコール(NPG)およびプロピオン酸(PA)を発表した。これらの製品は,「NPG ZeroPCF」および「PA ZeroPCF」としてグローバルに利用される。

ドロップイン(代替品)ソリューションとしての NPG ZeroPCF と PA ZeroPCFは,既存の製品と同じ品質および特性を備えており,製造に使用する際に既存プロセスの調整を行う必要がない。これにより,容易かつ効果的に,購入した製品およびサービス(Scope3)からの排出量を削減し,バリューチェーン内に再生可能原料の割合を増やすことで,サーキュラーエコノミー(循環型経済)へのシフトに貢献する。

NPGを応用できる主要な分野はパウダーコーティングであり,特に建築や自動車産業, 家電製品分野の産業では,パウダーコーティングの使用によって,揮発性有機化合物(VOC)の排出を最小限からゼロに抑えるだけでなく,作業時間の短縮やエネルギー消費量の低減を実現させる。これにより,建築,自動車,白物家電,家具の産業の製造者が,Scope3のレベルでCO₂排出の削減目標を達成できる。PAは食品や飼料穀物の保存用の防カビ剤として活用されており,乾燥保存や,気密サイロでの保管よりも,経済面また環境面において多くのメリットを提供する。その他の応用分野には,作物保護材,香料,医薬品,溶剤,熱可塑性樹脂などがある。(’22 11/9)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This