2022年5月11日

DMG森精機,金属積層造形の活用をサポートする「AM Lab & Fab」開設

アーステック
共催セミナー

DMG森精機は,伊賀グローバルソリューションセンタに「アディティブマニュファクチャリング Laboratory & Fabrication(以下,AM Lab & Fab)」を開設し,顧客の金属積層造形の活用をサポートする受託加工サービスを本格稼働した。

積層造形は従来の切削加工では困難な形状を造形することができるため,近年飛躍的に市場が成長しており,製造現場でも金属積層造形機の需要が増加している。AM Lab & Fabは恒温室に最先端の金属積層造形機を設置し,金属積層造形の受託加工を行う。DED(Directed Energy Deposition:指向性エネルギー堆積法)方式とSLM(Selective Laser Melting:選択的レーザ溶融法)方式の2種類の金属積層造形機をラインアップし,より多くの材料と形状に対応している。また,顧客のワークを造形するだけでなく,同社の豊富な金属積層造形技術のノウハウを最大限に活用した積層造形コンサルティングや,AM Lab & Fabを例として設置環境や周辺機器,プログラミングなど最適な導入環境の提案も行う。プログラミングから積層造形,仕上げ加工まで全てを同社で完結できるため,情報セキュリティ面でも安心して利用できる。

さらに,2022年中に,東京グローバルヘッドクォータ(東京都江東区)にもAM Lab & Fabの開設を予定している。(’22 5/11)

Related Posts

Share This