2022年1月19日

出光興産,UAEからのブルーアンモニア輸送実証試験を実施

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

出光興産は,アラブ首長国連邦(UAE)の国営石油会社Abu Dhabi National Oil Company(以下,ADNOC)から,同国で製造されたブルーアンモニアを購入し,同社グループの昭和四日市石油 四日市製油所への国際輸送・納入を完了した。ブルーアンモニアのISOタンクコンテナでの国際輸送実証試験は,国内企業において先駆的な試みであり,同社はCO₂フリーアンモニア・サプライチェーン構築に向けた知見の蓄積を目的とし,初めて実施した。

今回輸送したブルーアンモニアは,ADNOCの生産する天然ガスからFertiglobe社(ADNOCとオランダOCI社の合弁グループ会社)が製造したもので,その際に排出されるCO₂は分離回収しEOR(石油増進回収)により貯留されている。ISOタンクコンテナによる輸送を経て四日市製油所で受け入れた後は,ケミカル用途として使用する。出光は,今後も国内外の様々な企業との連携を通し,CO₂フリーアンモニアのサプライチェーンの早期構築を目指していく。(’22 1/19)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This