2021年11月2日

2021年度潤滑油需要見通し

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

石油連盟は,2021年度の潤滑油需要見通しを発表した。それによると,潤滑油全体の需要は前年度比7.2%増の153万3,000kLと見込んでいる。用途別では,自動車用は新型コロナの影響を受けて減少した前年度からの需要回復があるものの,世界的な半導体不足の影響などもあり,2019年度の水準までは回復せず,人口減などの構造的要因等を背景に同1.8%増の57万7,000kL(前年度比)の見込み。舶用は,新造船竣工量は引き続き減少する見込みである一方,内航船舶輸送量については,新型コロナによって需要が減少した前年度から生産活動の回復などを背景とした持ち直しの動きを見込み,同5.1%増の8万3,000kLと予想している。工業用は,新型コロナによって停滞した生産活動の回復が国内外で見られることから,同11.4%増の87万3,000kLと見込んでいる。(’21 11/2)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This