2021年8月11日

ジェイテクト,鉄鋼圧延設備用軸受荷重センシング技術を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ジェイテクトは,鉄鋼圧延設備における軸受荷重センシング技術を開発した。正確な設備状態の”見える化”と“壊れない軸受”の提案を実現し,設備の健全化と生産性の向上に貢献していく。

鉄鋼圧延設備の設備管理は,温度や振動変化の傾向を一定期間管理し,過去の経験に基づく健全化対応が主流であった。同技術は,センシング軸受をロールに組み込み,ロールを圧延設備に取付けて軸受荷重を2~3時間で直接測定する。測定したデータを分析し,設備の状態をより早く正確に把握することで,軸受を通じた設備健全性の見える化,過酷な負荷条件における信頼性の高い設備改修,軸受破損原因の推定と最適設計により壊れない軸受提案を可能にした。同技術を用いた設備健全化については,既に実際の生産現場において提案を始めている。

今後は,ワイヤレス化によるセンシング軸受組付けの簡易化や,自己発電等を利用した長時間測定への対応を検討している。(’21 8/11)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This