2021年6月16日

コマツなど4社,建設業界のDXを推進する新会社を発足

アーステック
共催セミナー

コマツ,NTTドコモ,ソニーセミコンダクタソリューションズ,野村総合研究所は,建設業界に,デジタルトランスフォーメーション(DX)をもたらし,安全性,生産性,環境性の飛躍的な向上を実現することを目的に,新会社「株式会社EARTHBRAIN(アースブレイン)」を4社共同で発足させることに合意したと発表した。資本金は153億7,000万円,出資比率は,コマツが54.5%,NTTドコモが35.5%,ソニーセミコンダクタソリューションズが5%,野村総合研究所が5%で,事業開始は2021年7月の予定。

新会社は,従来コマツが提供していた,建設現場の情報をICTで繋ぎ,安全で生産性の高い現場を実現する,建設現場の支援サービス「スマートコンストラクション」の高度化を図り,海外へも幅広く展開していくことに取り組む。また建設現場で稼働している全ての建機,車輌に対するサービスの提供を行うなど,4社が保有する知見やノウハウ,技術を組み合わせ,次世代スマートコンストラクションへと進化させ提供する。(’21 6/16)

Related Posts

出光興産,EV・蓄電池の充放電と空調出力制御を連携したシステムを自治体・企業向けに提供開始

出光興産,EV・蓄電池の充放電と空調出力制御を連携したシステムを自治体・企業向けに提供開始

出光興産は,「idemitsu CN支援サービス」のソリューションの一つとして,CO₂削減・カーボンニュートラル(CN)実現に取り組む自治体・企業向けに,EV・蓄電池の充放電と空調出力制御を連携したエネルギーマネジメントシステム(EMS)の提供を開始した。

Share This