2021年5月12日

ランクセス,電池用化学品事業に参入,リチウムイオン電池用電解質を製造

アーステック
共催セミナー

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,中国のリチウムイオン電池材料の世界的大手メーカーである広州天賜高新材料股份有限公司(以下,天賜材料)と協業し,電池用化学品事業に参入することを発表した。この協業に基づき、ランクセスは天賜材料向けにリチウムイオン電池用電解質の配合製品を2022年から,同社の完全出資子会社サルティゴが運営するハイテクプラントを用いて製造する。

電解質は,バッテリーセル内でのリチウムイオンの活性に重要な役割を果たしており,リチウムイオン電池の鍵となるコンポーネント。天賜材料は,レバクーゼン拠点で製造される電解質配合製品により,欧州のバッテリーセルメーカーへのEU域内での現地生産が可能となる。(’21 5/12)

Related Posts

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」開催される

大豊工業トライボロジー研究財団(TAIHO KOGYO TRIBOLOGY RESEACH FOUDATION:TTRF)と大豊工業は共催で「7th TTRF-TAIHO International Symposium on Automotive Tribology 2024」を2024年4月17日(水),名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で開催,トライボロジーに関連する大学・研究機関や自動車関連企業のエンジニア142名が参加した。

Share This