2021年1月27日

ランクセス,低転がり抵抗,高速運転を実現する高機能エラストマープレポリマー製品を開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは低転がり抵抗,高速運転を実現する高機能エラストマープレポリマーの新製品「アディプレンPP1095H」を開発,機械的な負荷が大きく高速で動作する高性能ホイールおよびローラー用途向けに提供を開始した。

同製品は,pPDI(p-フェニレンジイソシアネート)末端基を持つポリエステルベースのプレポリマー。硬化剤「バイブラキュアA250」を使用することで95ショアA硬度を有するエラストマーが生成され,幅広い温度条件で優れた動的特性を維持し,耐疲労性に優れた性能を発揮する。このエラストマーで作られたホイールトレッドやローラーの性能は,数理計算モデルを使用して正確に予測し最適化することができる。

これらの特徴により,このエラストマーのホイールやローラーは従来に比べ,高速運転および高い積載能力を実現することができ,車両,輸送システム,エレベーターでも,より高速で効率的な運転が可能となる。(’21 1/27)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This