2021年1月6日

トライボコーティング技術研究会,「トライボコーティングの現状と将来」2/26に開催

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2021年2月26日(金),理化学研究所和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)で第23回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―導電性ダイヤモンド応用技術,光輝窒化処理ならびに微細金型加工―」を開催し,第13回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と,受賞者による記念講演を行う。

岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績を上げられた故 岩木 正哉 博士(理化学研究所元主任研究員,トライボコーティング技術研究会前会長)の偉業をたたえ,当該技術分野およびその関連分野において日々努力・研鑽する個人,法人,団体の業績を表彰するもの。今回のシンポジウムでは,岩井 学 氏(富山県立大学)による「導電性ダイヤモンドを利用した精密加工工具の開発」(岩木賞優秀賞),原 民夫 氏(プラズマ総合研究所)による「光輝窒化を可能とするアトム窒化法の開発」(岩木賞特別賞),松澤 隆 氏(池上金型)による「虹色加工を施した金型製作と射出成形品の製作」(岩木賞事業賞)の記念講演ほか,法人会員等によるトライボコーティング関連技術の最新情報の提供が行われる。

なお,今回はWeb(Zoomを予定)での参加も可能。同シンポジウムの概要や,申し込みなど問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2021年2月26日(金) 10:00~17:20(交流会17:45~19:45)
  • 会場:理化学研究所和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)
     ※申し込みの際に,会場参加・Web参加のどちらかを選択
  • 定員:65名(定員になり次第締切)
  • 参加費:シンポジウム6,000円,交流会3,500円
  • 申込締切:2021年2月19日(金)
  • 申し込み・問い合せ先:理化学研究所 大森素形材工学研究室 内
     トライボコーティング技術研究会 シンポジウム事務局
     TEL 03-5918-7613  FAX 03-5918-7624
     E-mail:tribo@tribocoati.st
     URL http://www.tribocoati.st  (’21 1/6)

Related Posts

トライボコーティング技術研究会,岩木賞贈呈式とシンポジウムが開催される

トライボコーティング技術研究会,岩木賞贈呈式とシンポジウムが開催される

トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2022年2月25日(金)に理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎ホール(埼玉県和光市)で,第24回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―摩擦界面の解析と固体潤滑,DLCコーティングの最前線,薄膜研磨・デバイス開発―」を開催,第14回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と受賞者による記念講演を,ビデオ会議システムを利用したオンラインとのハイブリッドで行った。

Share This