2020年11月11日

DLC工業会,2020年度講演会が開催される

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
DLC工業会(中森 秀樹 会長:ナノテック 代表取締役社長)はオンライン会議方式で「2020年度講演会」を2020年10月16日に開催した。

当日は中森 会長の挨拶に続き,東京電機大学副学長の平栗 健二 氏が「DLC膜のバイオ・医療応用と将来像」,東京電機大学准教授の大越 康晴 氏が「光学特性と生物学的特性からのDLC膜の分類」の2件を講演した。

同工業会ではニューダイヤモンドフォーラムと共同し,経済産業省のDLC国際標準化に関わる委託事業やDLCに関連する講演会やセミナーの開催,情報収集や会員相互の交流などの活動をしている。(’20 11/11)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

Share This