2020年10月28日

出光興産,バイオマス発電用植物の植生試験と木質ペレット化試験を開始

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー
出光興産は,100%子会社である出光オーストラリアリソーシスを通じ,既存のエンシャム石炭鉱山での資産(鉱山内遊休地,用役設備等)を活用して,石炭と混焼が可能なバイオマス発電燃料用植物の植生試験及び木質ペレット化試験を開始した。

同プロジェクトで栽培するのは,バイオマス発電燃料として使用する「ソルガム」。降雨量が少ない当該エリアでの生育に適しており,2020年7月までに順調な生育が確認され収穫した。現在,ソルガムの木質ペレット化試験を行っており,2020年後半には木質ペレットの半炭化(ブラックペレット化)試験を予定している。木質ペレットを半炭化したブラックペレットは,従来の木質ペレットに比べて耐水性・粉砕性などに優れ,石炭と同様に取り扱うことができるため,石炭火力発電におけるCO2排出量低減が期待できる。(’20 10/28)

Related Posts

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産,米カリフォルニア州で太陽光発電所プロジェクトの商業運転開始

出光興産の連結子会社であるIdemitsu Renewables America, Inc.は,米国内で手掛ける4ヵ所目のメガソーラープロジェクト(プロジェクト名:Luciana,所在地:カリフォルニア州トゥーレアリ郡,発電規模:7万3,000kWp(kWp:キロワットピーク。直流出力の最大電力))の商業運転を開始した。

Share This