2020年8月19日

ジェイテクト,鉄鋼設備用オイルエア潤滑システムを開発

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

ジェイテクトは,10分配レベルのオイルエア多岐分配システムを開発したことを発表した。これにより,日本センヂミア製Z-highミルサイドサポート軸受に適応するオイルエア潤滑システムへの適用が可能となった。鉄鋼設備の環境改善に寄与する。

オイルエア潤滑は,油滴状のオイルを高圧の空気による摩擦で軸受内部に搬送するため,余剰オイルの空気中への排出が少なく,また他の方法と比べるとオイル消費量を最小限に抑えることが出来るため,作業環境の改善と,オイル使用量の削減による環境負荷の低減を実現できる。

同システムは,軸受内の正圧化による高い密封性確保,高粘度油,極圧油の適用による高い潤滑性能で,過酷な環境下での摩耗・損傷を大幅に改善する。最少油量での潤滑により運転コストが改善,またオイル回収が可能。小径配管による配管設計が容易で,少数給油から多点給油まで幅広いシステム設計ができる。(’20 8/19)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第104回研究会を開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,精密工学会 超砥粒ホイールの研削性能に関する研究専門委員会と2022年8月26日(金),PIO PARK (対面,東京都大田区)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第104回研究会「熱と光を使用した新しいツルーイング・ドレッシング技術および砥石作用面の観察」を共催する。

2022年5月の機械受注統計

2022年5月の機械受注統計

内閣府が発表した2022年5月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比5.6%減の9,088億円だった。

Share This