2020年5月27日

産業用コネクタのハーティングのプレスWebレセプションが開催される

アーステック

産業用コネクタのリーディングカンパニーであるハーティングテクノロジーグループ(本社:ドイツ・エスペルカンプ)は,2020年5月7日,Industry 4.0やIIoT向けの革新的な最新製品とソリューションを完全にデジタルで紹介する「ハーティングエキスパートキャンプ」を行うと,プレス向けWebレセプションで発表した。

ハーティングテクノロジーグループのフィリップハーティングCEOは,コロナ渦における状況の中,「産業界では広範囲に及ぶ変革が起こっている。ハーティングにとってこの変革は会社の主要技術を活用し,パートナーシップを結んで技術ネットワーク全体の枠内で新ソリューションを開発する専門技術と知識を結集させることを意味する。顧客とのコミュニケーション用に対話可能なプラットフォームを用意した。」とコメントしている。

Webレセプションでは今後行う予定であるWebでのプレゼンテーション,セミナー,エキスパートの対談などを紹介した。Webセミナーシリーズ「2020年の産業用イーサネットの動向」(https://www.harting.com/JP/ja/node/25181)では,事前登録することでライブ配信でのセミナーを受講することが出来る。6月10日には「バリアフリーのセンサー to クラウド通信」,7月1日は「ix INDUSTRIAL:小型化の課題を解決」,7月15日は「4つの事例:IIoTアプリケーションを実現するSPE」のライブ配信を予定している。

また次世代のIIoTネットワークの基盤となるIEC 63171-6が発行され,参加企業が20社になったSPE産業パートナーネットワークの最新情報を始め,産業アプリケーション用SPE規格(IEC 61376-6)に準拠した新製品「SPE用産業標準インターフェース T1 Industrial」,蓄電モジュール接続専用のコネクタ「Han® S」,ネットワーク接続に最適な小型の角形コネクタ「Han® 1Aコネクタシリーズ」などの新製品も紹介した。(’20 5/27)

Related Posts

「2024年ものづくりワールド(東京)」開催される

「2024年ものづくりワールド(東京)」開催される

機械部品,DX,3Dプリンタ,省エネ製品をはじめ,開発・製造期間の短縮やDX・IT化の推進,業務を自動化・効率化する製品・サービスなどが出展する日本最大級のものづくり専門展示会「ものづくりワールド(東京)」(主催:RX Japan)が2024年6月21日(水)~23日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。

「トライボロジー会議2024 春 東京」開催される

「トライボロジー会議2024 春 東京」開催される

日本トライボロジー学会は2024年5月27日(月)~29日(水)の3日間,国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で「トライボロジー会議2024 春 東京」(実行委員長:小山田 具永 氏,日立製作所)を開催,3日間で約180件の各種トライボロジーに関する講演・発表が行われ,約900名が参加した。

Share This