2019年10月9日

ソディック,リニアモータ駆動の大型形彫り放電加工機を新発売

アーステック
共催セミナー

 ソディックは,リニアモータ駆動の大型ワーク対応高速・高性能形彫り放電加工機「AG200L」を開発,発売した。同製品は,C型コラム仕様の形彫り放電加工機「AG100L」をベースに,XYZ各軸のストロークを拡張するとともに,最新の構造解析による機械剛性の向上などを最適化した機械設計を行うことで,設置面積を抑えつつ,大型のワークへ対応した。X軸を1200mmから2000mmに,Y軸を650mmから1200mmにそれぞれ拡張し,従来の最大機AG100L対比で,最大加工物寸法(面積)で約2倍,加工タンク空間容積で約3.2倍の大型ワークに対応しながら,機械寸法(面積)を1.5倍に抑え,マシンのコンパクト化に成功した。また,自社開発・製造の高出力リニアモータや放電安定システム「アークレスPlus」,専用に設計された放電電源装置「LN2A2電源」などを搭載し,高速・高精度な加工を実現する。(’19 10/9)

Related Posts

2024年2月の機械受注統計

2024年2月の機械受注統計

内閣府が発表した2024年2月の機械受注統計によると,民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)は,前月比7.7%増の8,868億円だった。

Share This