2019年6月5日

ランクセスのイオン交換樹脂,インドのクロルアルカリ製品メーカーへ導入

ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
アーステック
安藤パラケミー

 ランクセスは,同社のイオン交換樹脂「レバチット MDS TP 208」がインドのクロルアルカリ製品メーカーの塩水精製に導入されたと発表した。同製品は,均一で粒径が細かいポリマービーズで,電解に使用するイオン交換膜へのダメージを防ぐことで必要なエネルギー量を効果的に低減し,電解膜寿命の延長を実現する。(’19 6/5)

Related Posts

出光興産,2021年度決算および2022年度業績見通しを発表

出光興産は2022年5月10日(火),2021年度の決算を発表し,売上高は6兆6,868億円(前年度比2兆1,301億円増),営業利益(持分法投資損益含む)は4,495億円(同3,492億円増),経常利益は4,593億円(同3,509億円増),当期純利益は2,795億円(同2,446億円増)となり,在庫影響やタイムラグなどにより過去最高益となった。

Share This