2018年6月13日

リオンの振動分析プログラムがJIPM主催のTPM優秀商品賞を受賞

アーステック
共催セミナー

 リオンのタブレット型の多機能計測システム「SA-A1」に搭載する振動分析プログラム「SX-A1VA」が,日本プラントメンテナンス協会(JIPM)が主催する「2018年度TPM優秀商品賞」を受賞した。
 同プログラムは,振動による設備診断に特化しており,多機能計測システム「SA-A1」へ搭載することで,産業機械の設備診断,振動監視などで使用する機械振動測定の専用器となる。振動測定の初心者でも導入しやすい計測器として開発を行い,「軽量,小型で可搬性のよい計測器」「直感的な操作性」「測定シーンに応じたシステム構成が可能」などの特長を備えている。
 同賞は,メンテナンス機器に関する新技術の開発を奨励し,メンテナンス技術の進歩を促進するために制定された審査・表彰制度で,今回受賞した同プログラムは,優秀商品賞の中でも,アイデアと先行性・独創性に優れている商品として,開発賞を受賞した。(’18 6/13)

Related Posts

日本機械学会,2024年度「機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」をオンラインで開催

日本機械学会は,講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(初心者向け,初中級者向け)」を,2024年5月24日(金)(初心者向け),7月5日(金)(初中級向け)にZoomウェビナーを使用したオンラインで開催する。

Share This