2017年2月22日

ハネウェル,HFO-1234yf採用のカーエアコン用冷媒「ソルスティスyf」サービス缶の国内販売を開始

アーステック

 ハネウェル フッ素化学品事業部は,カーエアコンの修理・メンテナンス需要向けに,カーエアコン用冷媒「Solstice(R)(ソルスティス)yf」サービス缶(200g)の国内供給および販売を開始した。
 同製品は,同社の画期的なHFO(ハイドロフルオロオレフィン)技術を元に開発された冷媒。国内ではノンフロンに分類されるソルスティスyfのGWP(地球温暖化係数)は1未満で,現在カーエアコン用冷媒として一般的に用いられているR-134a(HFC/代替フロン,GWPは1430)に比べGWPを99.9%低減する。また,200gサービス缶は,国内標準であるJRA規格(日本冷凍空調工業会標準規格)の容器仕様に準拠している。
 国内のカーエアコンは,2015年4月に施行されたフロン排出抑制法(略称)により2023年までにGWP150以下とする低GWP化目標の達成に向け,新冷媒への移行が進んでいる。(’17 2/22)

Related Posts

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会,第114回研究会を5/10に開催

砥粒加工学会 次世代固定砥粒加工プロセス専門委員会は,2024年5月10日(金),千葉工業大学津田沼キャンパス(対面:千葉県習志野市)とCisco Webex Meeting(Web)のハイブリッド形式で,第114回研究会「エネルギービーム加工による高精度・平滑化技術」を開催する。

出光ほかコンビナート5社,カーボンニュートラル実現に向けた共同行為が「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受領

出光興産・東ソー・トクヤマ・日鉄ステンレス・日本ゼオンの5社は,周南コンビナートにおけるカーボンニュートラル実現に向けたコンビナート5社による共同行為について公正取引委員会へ相談を申し入れ,同委員会より,共同行為について「独占禁止法上問題がない」旨の回答を受けたことを発表した。

Share This