2015年7月22日

カルビー,廃食油から再生のバイオディーゼル燃料使用車がカーレースに出走

アーステック
共催セミナー

 カルビー下妻工場の廃食油などから再生されたバイオディーゼル燃料(BDF)を使用した車「カローラディーゼル」が,2015年7月18日(土)からツインリンクもてぎで開催される「2015もてぎEnjoy耐久レース」の4輪耐久レースに出走する。
 カルビーでは,フライヤー(揚げ調理器)の清掃時などに出る廃食油を専門業者に委託して再生処理しており,再生された油はBDFなどに再利用している。
 BDFは,菜種油,大豆油,ひまわり油,コーン油などの植物由来の油や廃食用油等にメタノールを反応させ化学処理をして製造した燃料。軽油の代わりにディーゼルエンジンの燃料として使用でき,バイオマス由来のためCO2排出削減に寄与する。(’15 7/22)

Related Posts

ENEOSホールディングス,EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験を開始

ENEOSホールディングス,EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験を開始

ENEOSホールディングスと,同社出資先である北米のスタートアップ企業Ampleおよび実証実験の筆頭協力先であるエムケイホールディングスは,京都市南区において,日本初となる「EV向けバッテリー全自動交換ステーションの実証実験」の開始に合意し,開所式を行った。

Share This